TOP > 環境大丈夫かな??
 ← 大阪にこんな大きな建物が?? | TOP | 今後の行方は?

スポンサーサイト 

--年--月--日 (--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[RSS] [Admin] [NewEntry]

[--.--.--(--) --:--] スポンサー広告 | Trackback(-) | Comment(-)
↑TOPへ


環境大丈夫かな?? 

2007年08月09日 ()
<温室効果ガス>排出量削減目標達成は厳しい情勢
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20070808-00000110-mai-pol

本当に環境は大丈夫かな?このままだと京都議定書だって、ただの理想で終わってしまいそう。。。。

8月8日21時8分配信 毎日新聞


 2010年度の国内の温室効果ガス排出量は、京都議定書基準年の1990年に比べ、0.9~2.1%増えるという見通しを8日、政府がまとめた。90年比6%減という日本の削減目標を達成するには、従来の削減計画に加え、2000万~3400万トンの削減が新たに必要で、目標達成は厳しい情勢だ。
 見通しによると、10年度の国内排出量は12億7300万~12億8700万トン。森林整備や海外からの排出権購入を差し引いても、目標達成には1.5~2.7%の不足が生じることになる。
 排出量を部門別にみると、オフィスなどの業務部門が90年比で29~31%増、家庭部門が同13~16%増、運輸部門も同13~15%の増加。製造業など産業部門は約9%減となる。05年度の排出量が90年比7.8%増だったのと比べ、その後5年間で排出量が著しく減る見通しで、経済界が定めた削減の自主行動計画などの効果という。
 一方、これまでの削減計画では原発稼働率を87~88%と想定していたが、中越沖地震による東京電力柏崎刈羽原発の停止などで稼働率は下回る情勢。しかし、今回の見通しでは稼働率の想定は見直さず、火力発電の改良や排出権購入などと組み合わせて「総合的に目標を達成する」としている。原発の停止が長引けば、目標達成はさらに遠ざかる可能性もある。【山田大輔】
スポンサーサイト

[RSS] [Admin] [NewEntry]

[2007.08.09(Thu) 07:35] 未分類Trackback(0) | Comments(1)
↑TOPへ


COMMENT

まぁ心配はいるまい by うっちゃり
人類が地球のことを考えてきた結果だ。建設的な思考はできないくせにゴミは散らかす。まぁ、ホームレスに火をつける高校生らがいることからも解ろう。意識の低さが。

コメントを閉じる▲

 ← 大阪にこんな大きな建物が?? | TOP | 今後の行方は?

COMMENT

人類が地球のことを考えてきた結果だ。建設的な思考はできないくせにゴミは散らかす。まぁ、ホームレスに火をつける高校生らがいることからも解ろう。意識の低さが。
[ 2007.08.09(Thu) 07:58] URL | うっちゃり #hMuH5DYg | EDIT |

COMMENT POST















管理者にだけ表示

Trackback

この記事のURL:
http://xoopertsz.blog115.fc2.com/tb.php/265-1d4a4fcd
 ← 大阪にこんな大きな建物が?? | TOP | 今後の行方は?

資産を本気で増やすなら

カテゴリー

最近の記事

ブロとも申請フォーム

全ては激安で

RSSフィード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。