TOP > 何か出来る事ないかな?
 ← 怖い赤ちゃん。。。。 | TOP | こう言うのは外へ出しては駄目だよ!

スポンサーサイト 

--年--月--日 (--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[RSS] [Admin] [NewEntry]

[--.--.--(--) --:--] スポンサー広告 | Trackback(-) | Comment(-)
↑TOPへ


何か出来る事ないかな? 

2007年08月19日 ()
<ペルー地震>救援物資が都市部に集中 農村部に届かず
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20070819-00000038-mai-int

本当に現地は混乱しているんだろうね。。。何か出来る事はないだろうか。。。。

8月19日19時26分配信 毎日新聞


 【ピスコ(ペルー南西部)庭田学】500人以上の犠牲者を出した南米ペルーの大地震で、被災者への救援物資が都市部の被災地に集中し、貧しい人々が暮らす地方の農村部にほとんど届いていない。震災から3日目にようやく届いた飲料水が、1人当たりコップ1杯にも満たないわずか40CC以下という集落もあり、被災者からは政府や自治体への怒りが噴出している。
 数百人の犠牲者を出したピスコから東に約30キロ離れた集落マンリケ。粗末な日干しれんがで造られた家屋の8割は損壊し、180世帯約550人の大半が屋外での避難生活を強いられている。
 「きのう(17日)、やっと政府からの救援物資が届いた」。地区長のセシリア・ファハルドさん(50)が言う。550人の被災者の手に渡ったのは飲料水20リットル、コメ50キロ、砂糖50キロ、乾燥パスタ10キロ、食用油12キロ。コメは1人当たり90グラムにしかならない。住民ら数十人は口々に「支援がほしい。もっと食べ物と水を」と訴えた。
 さらに27キロ東方の集落ウマイも似た状況だ。ヘリコプターで視察に訪れた政府要人が救援物資を届けたが、「90人にコメ5キロ、水20リットル、牛乳6パック、毛布15枚。これではどうにもならない」と、タクシー運転手のホセ・チャベスさん(32)が怒りをぶちまけた。保健師のビクトリア・エスピノサさん(25)は「支援物資が届くのはピスコのすぐそばの町まで。地方の農村は完全に忘れ去られている」と憤った。
 ウマイからピスコへの帰路、プラカードを持った子供や女性たち約10人が、記者が乗った車の前に立ちはだかった。主婦のアメリア・アルダベさん(40)が「私たちが暮らすサンイグナシオは地図に載っておらず、まったく援助が来ない。ウマイには物資が届いたのに。何か食料を下さい」と、袋を差し出した。
 ピスコには、首都リマから支援物資が次々に届けられている。被災者は「不十分だ」と不満を口にするが、有名ピザチェーン店や宗教団体も物資を運び込んでいる。リマでは市民から寄せられた支援物資が山のように積まれているが、肝心の被災者たちに満遍なく届けられていない。
 ピスコ中心部に本部を置く救助消防隊のアルフォンソ・パニソ本部長は、救援物資が地方の被災者に届いていない状況を「自治体幹部はイスに座っているだけで何もしない。この国には災害への対応能力がない。歴代政権が災害対策を怠ってきたツケだ」と政府を非難した。
スポンサーサイト

[RSS] [Admin] [NewEntry]

[2007.08.19(Sun) 22:54] 未分類Trackback(0) | Comments(0)
↑TOPへ


 ← 怖い赤ちゃん。。。。 | TOP | こう言うのは外へ出しては駄目だよ!

COMMENT

COMMENT POST















管理者にだけ表示

Trackback

この記事のURL:
http://xoopertsz.blog115.fc2.com/tb.php/461-0a9e83a7
 ← 怖い赤ちゃん。。。。 | TOP | こう言うのは外へ出しては駄目だよ!

資産を本気で増やすなら

カテゴリー

最近の記事

ブロとも申請フォーム

全ては激安で

RSSフィード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。