TOP > 高齢者が心配だよ。。。
 ← これ開発した人凄いね! | TOP | これには感動しました!

スポンサーサイト 

--年--月--日 (--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[RSS] [Admin] [NewEntry]

[--.--.--(--) --:--] スポンサー広告 | Trackback(-) | Comment(-)
↑TOPへ


高齢者が心配だよ。。。 

2007年08月22日 ()
介護ビジネス 成長産業曲がり角 制度改正で業績悪化
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20070822-00000005-maip-bus_all

国が民間任せにするから今になっておかしくなって来てんだよね。。これから高齢者はどうしていけばいいの?

8月22日9時50分配信 毎日新聞

介護給付費用額と認定者数の推移

 高齢化の進展に伴い、成長が期待された介護ビジネスが今、岐路に立っている。サービスの対価となる介護報酬の引き下げで企業業績が悪化し、撤退も相次いでいる。訪問介護最大手、コムスンの不正発覚は、介護業界への信頼を大きく傷つけたが、コムスン以外でも介護報酬の不正受給などが後を絶たない。今後も介護を必要とする高齢者は増える一方だが、担い手となる介護業界には課題が山積している。【平地修、工藤昭久】
◆撤退
 「昨年から会社を買ってくれないかという話が、どんどん来ている」。東京都内を中心に介護事業を展開するある企業幹部は明かす。経営悪化で事業撤退を決めた企業からの売却話だが、すべて断っているという。「利用者を増やしても採算は合わないし、経営が苦しい企業は何らかの不正をしている可能性が高い」との理由からだ。
 00年の介護保険制度の導入に伴い、政府は介護業界への民間の参入を積極的に後押しした。だが、介護業界を取り巻く経営環境は厳しさを増している。野村証券金融経済研究所の繁村京一郎・シニアアナリストは「06年4月の制度改定に伴う介護報酬の引き下げで、特に訪問介護はビジネスとしては全く成り立たない状況だ」と指摘する。
◆模索
 苦しい現状を打破しようと各企業は、生き残りをかけて経営改革に取り組んでいる。訪問介護が中心の「ジャパンケアサービス」(東京都豊島区)は、昨年4月の介護報酬の改定で売上高が約1割低下した。新たな収益の柱として、改定と当時に夜間対応型の新たな訪問介護サービスを始めたが、1年目では埋めきれなかった。
 新サービスは、利用者の自宅に専用端末を置き、夜間いつでもオペレーションセンターの看護師らと連絡がつく体制をとり、必要があればヘルパーが介護にかけつける仕組みだ。「1事業所ごとに100人の利用者を確保すれば、採算ベースに乗る」(池田尚取締役)と、利用者拡大に力を注ぐ。
 同じく訪問介護の「やさしい手」(目黒区)は昨年4月の制度改定に伴い、約1億円をかけて独自に開発した最新のシステムを導入した。ヘルパーのシフトを厳密に管理し、効率よく利用者の自宅を回れるようにするのが狙いだ。
スポンサーサイト

[RSS] [Admin] [NewEntry]

[2007.08.22(Wed) 14:10] 未分類Trackback(0) | Comments(0)
↑TOPへ


 ← これ開発した人凄いね! | TOP | これには感動しました!

COMMENT

COMMENT POST















管理者にだけ表示

Trackback

この記事のURL:
http://xoopertsz.blog115.fc2.com/tb.php/522-f476dca3
 ← これ開発した人凄いね! | TOP | これには感動しました!

資産を本気で増やすなら

カテゴリー

最近の記事

ブロとも申請フォーム

全ては激安で

RSSフィード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。