TOP > みんな仲良くね!
 ← お、かっこいい! | TOP | こんなの信じられません!

スポンサーサイト 

--年--月--日 (--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[RSS] [Admin] [NewEntry]

[--.--.--(--) --:--] スポンサー広告 | Trackback(-) | Comment(-)
↑TOPへ


みんな仲良くね! 

2007年08月27日 ()
タンタン騒動、各国で広がる=人種差別と訴訟も
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20070827-00000013-jij-int

本当にみんな仲良くやって欲しいです。。争いでは何も解決しないんですから。。。

8月27日6時0分配信 時事通信


 【ブリュッセル26日時事】世界中で親しまれているベルギーの漫画「タンタンの冒険」シリーズの1作をめぐり、植民地主義的で人種差別的な表現が目立ち、動物虐待も目に余るとして、各国でボイコットや訴訟など抗議の動きが広がっている。
 問題の1作は、1930~31年に発表された第2巻「タンタンのコンゴ探検」。主人公の少年記者タンタンが愛犬を連れて当時のベルギー領コンゴ(現コンゴ民主共和国)に出掛け、さまざまな危機を切り抜けて冒険する筋立て。
 作者エルジェ(1907~83年)の視点には当時の植民地に対する偏見に満ちた見方が色濃く反映されており、現地住民を怠け者で劣った人種として描いている。また、野生動物を虐待したり殺したりする場面も多い。
 これに抗議して英国の人種差別反対を掲げる団体が今年7月、書店に販売方法の見直しを要請。米書籍販売大手ボーダーズは、米国と英国のチェーン店で同書を児童書コーナーから大人向けコーナーに移すなどの対応を取った。
 7月下旬には、南アフリカ共和国の出版社が、公用語の一つであるアフリカーンス語での出版を停止。ベルギーとスウェーデンでは販売差し止めを求める訴訟が起こされた。
 タンタン・シリーズは、米映画会社ドリームワークスによって映画化が予定され、スティーブン・スピルバーグ監督らがメガホンを執る見通しだが、今回の騒動が興行に悪影響を及ぼす可能性もある。 
スポンサーサイト

[RSS] [Admin] [NewEntry]

[2007.08.27(Mon) 09:57] 未分類Trackback(0) | Comments(0)
↑TOPへ


 ← お、かっこいい! | TOP | こんなの信じられません!

COMMENT

COMMENT POST















管理者にだけ表示

Trackback

この記事のURL:
http://xoopertsz.blog115.fc2.com/tb.php/610-9b125985
 ← お、かっこいい! | TOP | こんなの信じられません!

資産を本気で増やすなら

カテゴリー

最近の記事

ブロとも申請フォーム

全ては激安で

RSSフィード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。