TOP > 後悔してる??
 ← 生徒も先生も過大が多いです。。。。 | TOP | 凄い!もう復帰だー!

スポンサーサイト 

--年--月--日 (--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[RSS] [Admin] [NewEntry]

[--.--.--(--) --:--] スポンサー広告 | Trackback(-) | Comment(-)
↑TOPへ


後悔してる?? 

2007年07月31日 ()
【37議席の衝撃】(上)「進むも地獄」首相の決断
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20070731-00000071-san-pol

やっぱり国民はいつでも付いてくるって言う傲慢な考えがどこかにあったのではないでしょうか?自民党はずっと支持してきたけれど、この1年の政治は酷すぎました。。。

7月31日8時0分配信 産経新聞


 「首相を続けるのも、肩に荷を背負う重い決断だ。進むも地獄、退くも地獄というだろう」

 現在の安倍晋三首相の心境について、政府筋はこう代弁してみせる。ここはいったん退陣し、将来の再起を期す方がむしろ、首相にとっては楽だったに違いない。

 政権浮揚のための安倍カラー発揮と自民党内の融和、公明党との連立の信義と民主党への配慮と協力…。参院の与野党議席逆転のため、安倍晋三首相は今後、互いに矛盾・対立する「二律背反」の政治課題を両立させる必要に迫られる。

 国民の信頼回復や国会運営の行方も見通しは不透明で、首相に退陣を求める一部メディアの“口撃”も手厳しい。

 「辞任に値する審判」(朝日新聞)「民意は『安倍政治』を否定した」(毎日新聞)「『私の内閣』存立難しく」(東京新聞)など、30日付の在京紙の社説やコラムは、首相に早期の衆院解散を求め、あるいは退陣要求を突きつけた。

 だが、首相はそうした選択肢は選ばなかった。自民党内にも少なくなかった「40議席を切ったら退陣だろう」(党3役経験者)との観測とは反対に、選挙中から「どんな結果になろうと、辞任は全然考えていない」と周囲に漏らしていた。

 「困難な道であることは覚悟している。日本は改革を進めていかなければやっていけない」

 「ここで逃げてはならない。政治の空白は許されない」

 首相は30日の記者会見で、続投の理由をこう説明した。首相は今、尊敬する幕末の志士、吉田松陰が好んで使った言葉で、自身もよく引用する「自らかえりみてなおくんば千万人といえどわれ行かん」という心境にあるのだろう。

 首相続投は、これまで推進してきた経済成長政策、教育再生、公務員制度改革など諸改革の実績と必要性への強い自負の表れでもある。同時に、今ここで自分が退いたら、既得権益の保護システムである「戦後レジーム(体制)」がそのまま温存されてしまうという思いもあるはずだ。
スポンサーサイト

[RSS] [Admin] [NewEntry]

[2007.07.31(Tue) 11:20] 未分類Trackback(0) | Comments(0)
↑TOPへ


 ← 生徒も先生も過大が多いです。。。。 | TOP | 凄い!もう復帰だー!

COMMENT

COMMENT POST















管理者にだけ表示

Trackback

この記事のURL:
http://xoopertsz.blog115.fc2.com/tb.php/62-b704e138
 ← 生徒も先生も過大が多いです。。。。 | TOP | 凄い!もう復帰だー!

資産を本気で増やすなら

カテゴリー

最近の記事

ブロとも申請フォーム

全ては激安で

RSSフィード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。