TOP > 助ける事をもっと考えよう!
 ← これいいかも! | TOP | もっと勉強させたほうがいいよ

スポンサーサイト 

--年--月--日 (--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[RSS] [Admin] [NewEntry]

[--.--.--(--) --:--] スポンサー広告 | Trackback(-) | Comment(-)
↑TOPへ


助ける事をもっと考えよう! 

2007年08月31日 ()
「断ったつもりない」=病院と救急隊、意思疎通不十分-妊婦死産・奈良
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20070830-00000174-jij-soci

貴重な命なんだから、もっと人を救うための体制を確立して欲しいです!!

8月30日20時35分配信 時事通信


 奈良県橿原市の妊婦(38)を乗せた救急車が受け入れ病院を探すのに手間取り、妊婦が死産した問題で、最初に照会を受けた県立医大付属病院の産科医は「断ったつもりはなかった」と話していることが30日、分かった。同病院の産婦人科ベッドは1床空いていたが、救急隊は断られたと考え、別の病院を探したという。
 県は近く、検討会議(座長・荒井正吾知事)を設置し、再発防止策を検討する。
 県健康安全局によると、救急隊は29日午前2時55分に、妊婦を収容し同病院に電話で受け入れを打診した。しかし、この1分前に別の妊婦が入院。産科医は事務員に対し「お産の診察中なので後にしてほしい」と話し、事務員は救急隊に「手術になるかもしれない」と告げると、救急隊は電話を切った。産科医は県に「断ったという意識はなかった」と説明している。
 救急隊は午前4時すぎ、同病院に再び照会。しかし、この直前に「大量出血した妊婦を受け入れてほしい」という別の電話があり、要請は受け入れられなかった。
 さらに、同医大高度救急救命センターに電話したところ、「全身の状態はそれほど悪くない。別の病院で対応してください」と断られた。妊婦は大阪府高槻市の病院に運ばれる途中の同4時45分ごろ容体が変わり出血、死産した。
 県は、救急隊と医師の意思疎通が不十分だった点や、救急医療情報システムで「受け入れ不可」と表示していた病院が相次いだ理由などを検証する。 
スポンサーサイト

[RSS] [Admin] [NewEntry]

[2007.08.31(Fri) 00:21] 未分類Trackback(0) | Comments(0)
↑TOPへ


 ← これいいかも! | TOP | もっと勉強させたほうがいいよ

COMMENT

COMMENT POST















管理者にだけ表示

Trackback

この記事のURL:
http://xoopertsz.blog115.fc2.com/tb.php/681-cd94e25b
 ← これいいかも! | TOP | もっと勉強させたほうがいいよ

資産を本気で増やすなら

カテゴリー

最近の記事

ブロとも申請フォーム

全ては激安で

RSSフィード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。