TOP > 厳しい門だよね!
 ← 何があったんだろう? | TOP | 台風の比じゃないね!

スポンサーサイト 

--年--月--日 (--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[RSS] [Admin] [NewEntry]

[--.--.--(--) --:--] スポンサー広告 | Trackback(-) | Comment(-)
↑TOPへ


厳しい門だよね! 

2007年09月03日 ()
残り「2」枠で代表争い激化
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20070903-00000036-spn-spo

本当に厳しい門だけど、これも力をつけるハードルだから頑張って欲しいです。

9月3日7時2分配信 スポーツニッポン


 土佐の激走で、08年北京五輪女子マラソン代表枠は残り「2」となった。世界選手権終了時点で1枠が埋まったことは、今後の選考レースでの代表争いが激化することを意味する。11月18日の東京国際、来年1月27日の大阪国際、3月9日の名古屋国際で有力選手が狭き門に挑む。

 04年アテネ五輪金メダリストの野口みずき(シスメックス)は、既に東京国際への出場を表明。現在はスイス・サンモリッツで高地合宿中だ。土佐の同僚・渋井陽子も同じく東京国際に出場する。まだ出場レースを決めていない00年シドニー五輪覇者の高橋尚子(ファイテン)も参戦すれば、自己ベスト2時間19分台のランナーが3人集結。超ハイレベルのレースが展開されそうだ。

 世界選手権で五千メートル14位、一万メートル10位と目標の入賞に届かなかったトラックの女王・福士加代子(ワコール)もマラソン転向を視野に入れている。準備期間、タイムの出やすいコースを考えれば、デビューは大阪国際が有力だ。名古屋国際には小出義雄監督の愛弟子・新谷仁美(豊田自動織機)が出場予定。世界選手権で北京切符に届かなかった日本人選手は、疲労度を考え名古屋を選択する可能性が高い。
スポンサーサイト

[RSS] [Admin] [NewEntry]

[2007.09.03(Mon) 12:03] 未分類Trackback(0) | Comments(0)
↑TOPへ


 ← 何があったんだろう? | TOP | 台風の比じゃないね!

COMMENT

COMMENT POST















管理者にだけ表示

Trackback

この記事のURL:
http://xoopertsz.blog115.fc2.com/tb.php/767-f0059a4b
 ← 何があったんだろう? | TOP | 台風の比じゃないね!

資産を本気で増やすなら

カテゴリー

最近の記事

ブロとも申請フォーム

全ては激安で

RSSフィード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。