TOP > おお、頑張って!
 ← もうそっとしてあげなきゃ! | TOP | 景気はよくなってるの?

スポンサーサイト 

--年--月--日 (--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[RSS] [Admin] [NewEntry]

[--.--.--(--) --:--] スポンサー広告 | Trackback(-) | Comment(-)
↑TOPへ


おお、頑張って! 

2007年09月04日 ()
桑田手術へ…現役続行へ望み ジョーブ博士の「神の声」
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20070904-00000103-sph-base

まだやるんだね!やっぱり彼は本物だ!これでまたメジャーでの活躍が見れるかな?

9月4日10時43分配信 スポーツ報知


 【ロサンゼルス(米カリフォルニア州)2日】パイレーツを退団した桑田真澄投手(39)が、1995年に右ひじ手術を受けた際の執刀医、フランク・ジョーブ博士(81)の自宅を訪れ、今年3月に痛めた右足首の触診を受けた。その結果、後日、改めて精密検査を受けることが決定した。検査の結果次第で完治のために手術の選択がある場合、桑田は「もちろん受ける」と断言。「手術は野球を続けるためにするもの」と、現役続行へ前向きな姿勢を見せた。
写真はコチラ

 毎年の恒例行事が、今年は桑田の今後を大きく左右するものになった。右ひじ手術を受けた95年以降、毎年シーズン後に執刀医のジョーブ博士のもとを訪れていた右腕。初めて海を渡ってプレーし、メジャー昇格も果たした今年もこれまで同様、シーズンの“締め”として恩人との再会を果たしたが、思わぬ展開が待っていた。

 自宅に招かれた右腕は、玄関に入って握手をした次の瞬間、ジョーブ博士の口から出た言葉に驚かされた。「右足の靴下を脱げ」3月のオープン戦で、じん帯断裂の重傷を負い、その後もテーピングをしなければ投げられない状態にあった右足首の診察が突然、始まった。

 「けがをしてから5か月以上たっている今でも、これだけ腫れているのはおかしい。私の信頼している足首の権威に検査をさせて、今後の治療を考えよう。可能なら、できるだけ長くプレーしなさい」触診後の博士の言葉に、桑田の心は動いた。

 「ジョーブさんからは『こんな状態でよく頑張ったな。よくやったな。ご苦労さん』と言われると思っていた。それが『まだまだ若い。やりなさい』だったんでね」最も信頼するドクターの言葉に、右腕は再びマウンドに上がるよう、背中を押された気がした。

 今後、ロサンゼルス市内の病院で受ける検査では、エックス線、MRI(磁気共鳴画像)などの検査を受ける予定。結果次第では手術で完治を目指すことも考えられる。これについて桑田は「もし手術を勧められれば、もちろん受けます」と言い切った。

 95年に右ひじじん帯を断裂したときには、医師から「野手に転向するならば手術は必要ない」と言われたが、投手を続けるためにメスを入れることを選択した。「僕が手術をするということは、日常生活のためじゃない。野球をするためです」検査結果によっては、現役続行へ動き出すことを明らかにした。

 右足首をけがした当初も、手術で完治を目指すことを一度は考えた。だが「投げ始めるまでに3か月はかかる。シーズンが終わってしまう」と断念。今回は違う。今後手術してリハビリ期間を考慮しても、来年2月中旬のキャンプインには間に合うだけの時間の余裕がある。

 「検査結果で、もうダメだと言われれば、あきらめるしかない。でも、そうでないならば、もう一度テーピングをしない状態で投げてみたい。やれるだけのことをやった、と思えなければ決断はできないと思うんです」桑田が野球人生最大の決断へ向け、検査に臨む。
スポンサーサイト

[RSS] [Admin] [NewEntry]

[2007.09.04(Tue) 12:23] 未分類Trackback(0) | Comments(0)
↑TOPへ


 ← もうそっとしてあげなきゃ! | TOP | 景気はよくなってるの?

COMMENT

COMMENT POST















管理者にだけ表示

Trackback

この記事のURL:
http://xoopertsz.blog115.fc2.com/tb.php/790-32e5ec72
 ← もうそっとしてあげなきゃ! | TOP | 景気はよくなってるの?

資産を本気で増やすなら

カテゴリー

最近の記事

ブロとも申請フォーム

全ては激安で

RSSフィード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。