TOP > 温暖化対策。地球規模で広がれ!
 ← もっと国民を見た政治をして欲しい | TOP | この台風、どの地域が要注意ですか?

スポンサーサイト 

--年--月--日 (--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[RSS] [Admin] [NewEntry]

[--.--.--(--) --:--] スポンサー広告 | Trackback(-) | Comment(-)
↑TOPへ


温暖化対策。地球規模で広がれ! 

2007年09月05日 ()
<温泉法改正>安全義務違反に罰則…環境省、臨時国会提出へ
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20070905-00000015-mai-soci

深刻な温暖化対策だけど、地球規模で広がらないかな?皆がその大切さを感じて欲しいです。

9月5日3時6分配信 毎日新聞


 東京都渋谷区の温泉施設爆発事故を受け、環境省の専門家検討会は4日、温泉水から可燃性の天然ガスを分離する設備や換気装置、ガス検知器などの設置を義務付ける安全対策を盛り込んだ中間報告素案をまとめた。環境省はこれを受け、これらの対策を怠った業者の温泉利用許可を取り消すなどの罰則規定を盛り込んだ温泉法改正案を、10日開会の臨時国会に提出する。
 現行の温泉法は、温泉の成分が衛生上有害な場合は都道府県知事が利用許可を取り消すことができるが、火災や爆発の危険性を想定して安全対策を義務付ける規定はなかった。
 素案は、今回の事故のように天然ガスが屋内に滞留しないよう、温泉採取設備は屋外に置くことを「有効な手段」と位置づけた。その場合でも、ガスを分離するセパレーター装置を設けて排気することや消火器の設置、火気厳禁の表示を義務付けることを求めた。採取設備を屋内に置く場合は換気装置などで十分換気することやガス検知器、警報装置の設置などを義務付け、安全管理責任者を置くことも求めた。
 掘削時についても、ガス噴出防止装置の設置やガス測定、火花が飛ばない電気器具の使用などを義務付け、掘削業者団体が自主保安基準を設けるよう求めている。
 一方、環境省は、掘削したものの使われていない全国の源泉約8000本について、可燃性ガスの有無を調査することを決めた。国も自治体も状況をほとんど把握していないため。ガス田の分布などを基に優先順位を決め、順次危険度を判定する。【山田大輔】
スポンサーサイト

[RSS] [Admin] [NewEntry]

[2007.09.05(Wed) 09:19] 未分類Trackback(0) | Comments(0)
↑TOPへ


 ← もっと国民を見た政治をして欲しい | TOP | この台風、どの地域が要注意ですか?

COMMENT

COMMENT POST















管理者にだけ表示

Trackback

この記事のURL:
http://xoopertsz.blog115.fc2.com/tb.php/799-d969f48b
 ← もっと国民を見た政治をして欲しい | TOP | この台風、どの地域が要注意ですか?

資産を本気で増やすなら

カテゴリー

最近の記事

ブロとも申請フォーム

全ては激安で

RSSフィード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。