TOP > これってどうなるのかな?
 ← さらなる安全対策が必要だね! | TOP | こうなったらもっと走れ!

スポンサーサイト 

--年--月--日 (--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[RSS] [Admin] [NewEntry]

[--.--.--(--) --:--] スポンサー広告 | Trackback(-) | Comment(-)
↑TOPへ


これってどうなるのかな? 

2007年07月28日 ()
<柏崎刈羽原発>圧力容器で放射能帯びた水漏れ 東電未公表
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20070728-00000010-mai-soci

こんな水を流しておいて、大丈夫なんて言わないでよね!魚とかに影響でてるでしょ?

7月28日3時5分配信 毎日新聞


 東京電力は27日、新潟県中越沖地震の揺れのために柏崎刈羽原発1号機の原子炉圧力容器から、放射能を帯びた水が周辺の作業用フロアにこぼれた可能性のあることを明らかにした。地震発生時、1号機は定期検査のために圧力容器のふたがあいていたためで、外部には漏れていない。あふれた水量は不明。この日、同原発を視察した社民党調査団が求めた現状報告に対して明らかにした。東電は事前に把握していたにもかかわらず、これまで公表していなかった。
 説明によると、1号機の燃料は検査に伴い、すべて使用済み燃料プールに移され、移動のためにプールと圧力容器をつなぐ水路が開けられていた。このため、両方の水に含まれる放射能は微量という。
 これまで、東電は全1~7号機の使用済み燃料プールから水があふれたことを発表していた。しかし、1号機であふれた水の一部に圧力容器の水が含まれていることは未公表だった。
 東電は「隠そうとしたわけではない。すべての号機で作業用フロアに水があふれたのは使用済み燃料プールが原因となっており、説明がしやすかった。1号機の圧力容器とプールの水は同質だったため特に紹介しなかった」と説明する。
 元原子炉設計技術者の科学ライター、田中三彦さんは「圧力容器とプールの水の放射能レベルは同じかもしれないが、きちんと公表し、説明しないことは問題だ」と批判する。【田中泰義】
スポンサーサイト

[RSS] [Admin] [NewEntry]

[2007.07.28(Sat) 14:26] 未分類Trackback(0) | Comments(0)
↑TOPへ


 ← さらなる安全対策が必要だね! | TOP | こうなったらもっと走れ!

COMMENT

COMMENT POST















管理者にだけ表示

Trackback

この記事のURL:
http://xoopertsz.blog115.fc2.com/tb.php/9-5b4568f6
 ← さらなる安全対策が必要だね! | TOP | こうなったらもっと走れ!

資産を本気で増やすなら

カテゴリー

最近の記事

ブロとも申請フォーム

全ては激安で

RSSフィード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。